税込8000円以上のお買い上げで送料無料

更新情報

新着商品

セントリー ポータブル耐火保管庫(30分耐火) A4サイズ収納可 1160

エーコー 耐火金庫 指紋照合式 NSFE-BW 60kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

エーコー 耐火金庫 指紋照合式 NSFE-WB 60kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

坂本龍馬 文庫型金庫

セーフティーテーブル

エーコー 耐火金庫 指紋照合式 MSFE-BB 55kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

セントリー 手提げ金庫 ASB-27

セントリー 手提げ金庫 SCB-10

エーコー 耐火金庫 指紋照合式 NSFE-BB 60kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

エーコー 耐火金庫 ダイヤル式 OSS-D 60kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

セントリー ポータブル耐火保管庫(30分耐火) B5サイズ収納可 1100

エーコー 耐火金庫 指紋照合式 MSFE-WR 55kg 【代金引換可能】【時間指定可能】

セントリー ポータブル耐火保管庫(30分耐火) A4サイズ収納可 2460

金庫の選び方

❑金庫の種類

金庫には大きく2つの種類があります。火災対策としての「耐火金庫」と、盗難の防止を目的とした「防盗金庫」と2タイプです。

一般家庭では、主に耐火金庫が使われていますが、「耐火金庫」、「防盗金庫」それぞれの特徴をよく理解し、目的に合わせた金庫を選びましょう。

もちろん「耐火性能」「防盗性能」 どちらとも高機能の金庫もありますが、とても高価になります。
個人の方が金庫を購入される場合、オールマイティーな金庫よりは個々の使い方(収納物)に合わせた金庫を選んだ方が経済的でおすすめです。

 

❑金庫の大きさ(外寸)

金庫選びの最初は、金庫のおおよそのサイズを決めましょう。せっかく金庫を買っても置く場所がなければどうしようもないですし、サイズが合わないと無駄になってしまいます。

実際に金庫を設置するスペースがどのくらいあるのか測ってみましょう。
測るのは、幅、奥行き、高さ。さらに、ドアの開閉スペースが確保できるか、設置場所に運ぶための通路の幅等も確認が必要です。

金庫の外寸は、スペックの「W●●mm×D●●mm×H●●mm」をご覧下さい。
Wは幅、Dは奥行き、Hは高さをミリメートル単位で表示しています。据え置き作業等のことも考慮してぎりぎりではなく、少し余裕あるサイズを選びましょう。

 

❑入れる物の大きさ

入れる物の大きさ、量も事前に確認しておきましょう。用紙サイズが目安となります。


B5・・・182×257mm
A4・・・210×297mm
B4・・・257×364mm
A3・・・297×420mm

ファイリングしている場合、用紙サイズよりもファイルが大きい場合があります。実際に入れる物のサイズを測っておきましょう。

金庫の内寸は、スペックの「W●●mm×D●●mm×H●●mm」をご覧下さい。Wは幅、Dは奥行き、Hは高さをミリメートル単位で、また、容量は、リットル(L)単位で表示しています。
長期に使用することを考え、余裕のあるサイズの金庫を選びましょう。

 

❑金庫の重さ

以外に見落としがちなのが金庫の重さ。

重さは、設置場所(重さに耐えられる構造か)と防犯性(持ち去りにくい重さか)の両面で検討する必要があります。

設置場所に何kgのものまで置けるかは、建築会社、家主(賃貸の場合)等に問い合わせることで確認できます。

金庫の重さは、商品の詳細ページの「質量」でkg単位で表示されています。
また、重さにより送料、据え付け費等が異なります。(但しこちらで掲載している商品はその心配はありません。)

 

❑色々なロックタイプ
現在の金庫はオーソドックスなダイヤルタイプから最先端の指紋認証まで様々なロックシステムから製品を選べる時代になりました。それぞれのロックタイプの特徴があります。ロックタイプの長所・短所を良く理解し、用途に合ったロックタイプを見つけましょう。


●シリンダータイプ
一番オーソドックスな「鍵」を使って施錠するタイプです。鍵を挿入して回せば施錠・解錠出来るので取り扱いが簡単です。
弱点は簡単に鍵の複製品が作れてしまう事と、ピッキングによる解錠の可能性がある事。
そのため、現在ほとんどの金庫はピッキングの困難なディンプルキーを採用しています。

 

●ダイヤルタイプ
金庫の中で一番オーソドックスなタイプです。
ダイヤルによる機械仕掛けのため、動作の信頼性が抜群です。一方いちいちメモリを合わせる手間がかかってしまうので、頻繁に物を出し入れするような使い方の場合不便を感じるかもしれません。

 

●テンキータイプ
電子ロックの暗証番号をボタン入力するタイプ。
自由に暗証番号を自由に設定・変更できます。ボタンをプッシュするだけで解錠できるので、ダイヤルタイプの様な煩わしさがありません。一方、電ロックは電池で動作しているため、電池がなくなれば解錠することはできません。ただ、施錠状態で電池交換は出来ますし、電池が切れても暗証番号は記憶されているのでそう言った不安はありません。

 

●指紋認証タイプ
指紋認証などの体の一部を利用し認証に利用する事を生体認証と呼び、最新の認証システムです。
一番の長所は何と言っても指を機会にスライドさせるだけで解錠できる手軽さと登録された指紋以外では解錠出来ないセキュリティーの高さです。さらに指紋は複数登録出来るため、家族の指紋を登録でき、暗証番号を忘れて解錠出来なくなることもありません。また、怪我などで登録した指が使えない場合、別の指を予め登録しておけば安心です。

デメリットはテンキーと同じように電池切れ。さらに指紋は年月とともに若干変化していくため、認証されにくくなることがあります。

 

●マルチロックタイプ
指紋認証ロック、テンキー、ICタグ、シリンダー錠などの施錠システムを複数照合して開閉するタイプや、用途に合わせてロックシステムを選べるタイプをマルチロックシステムと言います。
必ずしも指紋認証+テンキーを組み合わせた様な2重ロックを指すものでない事に注意する必要があります。
ただし、大抵の場合シリンダー錠が装備されているためシリンダー錠+テンキーなどの2重ロックとなっている場合がほとんどです。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートを見る

商品検索

支払い方法
【カード決済対応会社】
下記カード会社に対応しております。
  • JCB
  • MasterCard
  • VISA
  • American Express
【代金引換】
代引金額 代引手数料
1万円まで 315円
3万円まで 420円
10万円まで 630円
30万円まで 1,050円
一部商品で対応していない場合がございます。
>> 詳しくは「支払い方法について」
【領収書について】
>> FAQ をご覧ください
配送
【配送料について】
配送料は一回のご注文につき、一律525円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」